外資への転職:面接に合格するための事前準備

先週からメルマガの配信を始めました。

内容はその時々のトピックや、私の長い人生のなかでの英語経験などつれづれです。

読んで下さる方のお役に立って欲しいなと思いながら書いていますので、ご興味のある方はこのブログ記事の最後のほうで「メルマガ登録」をクリックしてお申し込みください。

今日は外資への転職を考えている方、逆に中途採用で面接官をする可能性のある方が読むとヒントになりそうな、面接で聞かれる項目と回答例を取り上げます。

“外資への転職:面接に合格するための事前準備” の続きを読む

英語が可能にする人生:サンフランシスコのカフェ、ロンドン学生寮での出会い

今日は外国でたまたま会った現地に住む普通の人たちの、人生のとても個人的な話を聞かせてもらった体験についてご紹介します。
今から20年以上まえ、私はカナダとアメリカ西海岸のツアーに母親と参加しました。そしてその3年後には私はロンドンの学生寮に住んでいました。

“英語が可能にする人生:サンフランシスコのカフェ、ロンドン学生寮での出会い” の続きを読む

英語ニュースの見出しの時制が現在形なら過去の出来事

ネット上の情報の93%は英語で書かれているという話を聞いたことがありますか?ネット上の情報はオンタイム配信が可能ですから、新聞や雑誌などの紙のメディアより当然早い。

今、この瞬間に世界で起きている出来事の膨大な情報に触れることができます。

“英語ニュースの見出しの時制が現在形なら過去の出来事” の続きを読む

本社は本社 Headquarters is Headquarters

このブログ記事のタイトル、「おやっ?」と思いませんか?

Headquarters : 〔名詞〕本社

あれ? 本社って普通は一つのはず。でもなんで複数形?

“本社は本社 Headquarters is Headquarters” の続きを読む

英国文化圏では屋内で傘を開いてはいけない

30年以上前のこと、神田神保町交差点にある岩波神保町ビルに勤めていました。

ちょうどそのころは私が日本企業を辞めてまで英語にどっぷりつかって短期間でバイリンガルになろうとしていた時期です。

“英国文化圏では屋内で傘を開いてはいけない” の続きを読む

英語の「I think ~」には理由が必要

台風で日本列島の交通機関が夕方から止まることになった9月30日、コペル英会話教室校長のイムラン先生の1日セミナーに参加しました。

“英語の「I think ~」には理由が必要” の続きを読む

グローバルチームで部下を紹介するときは褒めて感謝を伝えるのがデキる上司

Multinational Team

ビジネスがグローバル化して海外の人たちと仕事をすることが珍しくなくなってきました。チームで来日してしばらくご一緒することがあります。そんな彼らのことを私の周りでは「ビジター」と呼んでいました。
“グローバルチームで部下を紹介するときは褒めて感謝を伝えるのがデキる上司” の続きを読む

英語が話せるようになった後は省略しすぎず伝える習慣をつける

今朝、新聞を読む時間はありましたでしょうか?

日経新聞の企業面に『職場の英語化 社員配慮』という特集記事が載っていましたね。

職場の英語化の例として取り上げられているのは先発隊としての楽天、ファーストリテイリング、最近のケースとして資生堂とホンダの実例がありました

“英語が話せるようになった後は省略しすぎず伝える習慣をつける” の続きを読む

電話会議に出て目的を達成するには英語力よりやる気

管理職のお悩みを解決する
ビジネス英語プライベートレッスン
仕事の英語パーソナルトレーナーのブログです。

3連休いかがお過ごしでしょうか?

昨日、家に来てくれた外資系会社員の友人(管理職)に
「いいな、いいな、今月来月併せて3回も3連休があって!

管理職の英語:ときにはユーモアを交えて話す

こんにちは。
管理職の英語に効くちょっとしたお話をお伝えしている 河野木綿子です。

私のレッスンでは冒頭部分で Warm up を兼ねてクライアントさんに好きなことをおしゃべりしてもらいます。自分から話すというのはビジネスミーティングに入る前の Ice Breaking にもなります。

話の内容は

今週、こんなことがありました。仕事で失敗しました。。。

と様々です。

“管理職の英語:ときにはユーモアを交えて話す” の続きを読む