遅れて始まるセミナーが失うもの

今日はやや辛口の投稿です。

今週火曜日に、あるセミナーに参加してきました。いわゆる「フロント商品」と呼ばれるイベントで、セミナーの終わりには高額セミナーの説明会があるタイプのものです。

高額セミナーの内容にも正直なところ少し興味がありました。

“遅れて始まるセミナーが失うもの” の続きを読む

一生学び続けられるようになる自己認識の仕方

仕事で話し方の指導もしていることもあり、毎朝の英語の発話練習は欠かせません。

題材を決めて10分くらいの間、繰り返し発話練習をします。

朝、起きてリビングルームに入ったら正面のCup Board 食器棚の上に教材が乗せてありますから、否応なしに目に入ります。

“一生学び続けられるようになる自己認識の仕方” の続きを読む

管理職のビジネス英単語はフォーマルと普通を使い分ける

管理職が話す英語は「相手に伝わりさえすればいい」ではちょっとさみしい。正式な表現とだれが聞いてもわかる平易な話し言葉を使い分けられるようになりたいものです。

話す内容が大事なことはもちろんですが、その場の状況に応じて柔軟に使い分けられると知性が感じられ、その人の存在感、信頼度が増します。
“管理職のビジネス英単語はフォーマルと普通を使い分ける” の続きを読む

英語の会議:話合いの結論を出すためには割込みも必要

今ご一緒しているクライアントさんの一人が、組織変更の真っただ中にいるそうです。

大手外資系企業で組織の世界標準化を急に進めることになり、先週から1日じゅう会議の日が続いているそうです。

会議と言っても日本の組織の人たちとの対面会議だけでなく、アメリカの夜時間とこちらの朝7時をつないで電話会議も毎朝。

今朝のレッスンを始めるときに「あああ。。。」と深いため息をつかれたので

「何か困っていることがあるんですか?」と聞いたら

“英語の会議:話合いの結論を出すためには割込みも必要” の続きを読む

ビジネスプレゼンを成功させるにはラフ案を早めに仕上げて練習

ある企業で会社に出向いてプライベートレッスンをさせていただいています。
もう3年近くになります。

自分の仕事について英語で会話ができるようになった方には
卒業試験としてご自身が実際にやる可能性がある英語のビジネスプレゼンテーションをしていただきます。

初めて英語を話す練習を始めて1年以内が目安です。

“ビジネスプレゼンを成功させるにはラフ案を早めに仕上げて練習” の続きを読む

仕事の英単語: 実際に現場で使うと忘れない

英単語は使いそうなものから覚える

管理職として仕事で使う頻度の高い英単語を集め280語の単語集を作りました。
4年前からクライアントさんの英語学習に使っていただいています。

どう使うかというと、自分の状況設定で実際に起きそうなことを作文してもらいます。
“仕事の英単語: 実際に現場で使うと忘れない” の続きを読む