オンライン英会話のススメ

1年前に、まったく初めて英語学習を始めたクライアントさんからの質問です。

「最近、河野さんの英語が普通に聴き取れるんですけれど、これってその人の発音に慣れたからですかね?」

 

答えは Yes です。でもそれだけではありません。私の発音に慣れたことにプラスしてクライアントさん自身の発音も格段に良くなっったこと。

初めのころのローマ字発音がなくなり、単語どおしがつながった時の音の変化も正確に発話するようになったからです。

よく言われることですが、自分が発話できない音は聞き取れない。自分も同じように発音できる音は楽に聞き取れて意味が瞬時にわかる。

もし自分が習ってる英語講師の英語がラクラク聞き取れるようになったらオンライン英会話を試してみることをお勧めします。

様々なイントネーションの世界中の人と、共通語としての英語を話す体験が手ごろな値段で手に入ります。

ただしまだ発展途上ですから今までのコツコツ学習もやめずに続けましょう。

あくまで経験を増やすと言う意味でオンライン英会話は手軽で便利なツールです。

ということで今日はオンライン英会話の賢い使い方についてまとめてみました。私自身のオンライン英会話歴も長いですよ。

日本人ばかりの職場に居て、年に約10回だけ英語でプレゼンをすることになっていたため英語力を落とさないよう週に2回、早朝にレッスンを取っていました。

オンライン英会話のよいところ

様々な国の人と話ができます

私が中学・高校で英語を学んだころは英語と言えばアメリカ英語、またはイギリス英語でした。

でも今や実際に英語を話す相手は企業に勤めている人ならアメリカ、イギリスよりも シンガポール、インド、ベトナムと様々な国の出身者が増えています。

私のところにリスニングが苦手、と言って来られる方はレポート先(上司)がシンガポール、インドのことが多いです。

日本人からみてクセの強い英語のリスニング克服法は「慣れる」しかないのです。クセの強い英語の発音にも一定の法則はあって、それがあたりまえになれば聞き取れるようになります。

自分の仕事の知見を広げられます

こちらが講師を選ぶことができるので、自分と同じ分野の職務経験がある人を選ぶと会話が弾みます。専門用語なら英語でも分かりやすいでので「その単語はそう使うのか」という知識も増えます。

なによりも自分の仕事の分野の他国でのトレンドについて聞くことができます。

例えば、私は人事の仕事が長かったので、成果が報酬に反映される人事制度について他国ではどうしているのかといった話題に触れたり
働くお母さんが毎日どんな工夫をしているのかといった話題も楽しみでした。

自分と同じ分野の経験者と話すということとは対照的に、まったく違う分野の講師と話すのもお勧めです。たとえば人事が長い私がエンジニアの方と話すと興味のある分野も異なります。

最近、どんな本を読んだか? どんなことが書いてあったか?というような話題で自分と違う発想に触れることで今まで知らなかった語彙に触れることもあります。

講師を選ぶ基準:私の場合

オンライン英会話の講師を探す際に「どうせなら若くて綺麗な人」「さわやかなイケメン君がいいな」という基準で選ぶ方がいらっしゃいます。それはそれなりに楽しみもあることでしょう。

でも、私はある程度年配の方を選ぶようにしています。

年配の方は様々な人生経験を積んでいますので人生について語り合うといった体験が可能です。人生経験やキャリア、家族の歴史のようなトピックについて話すと特に自分の感情を伝えるための表現が豊かになります。

自分からレッスン内容の希望を伝える

せっかくのプライベートレッスンなら自分が欲しいものを手に入れましょう。

レッスンの主導権を講師に任せっぱなしにせず、自分が何をしたいかを伝えましょう。オンライン英会話の場合、事前にリクエストを送信しておけるシステムがあります。

また、個人的にオンラインで習う場合も「今日のレッスンの中で〇〇の練習をしたい」とか「明日、外国人ビジターに自己紹介をするので練習している。チェックしてくれますか?」など。

例えばこんなふうに伝えます。

Let me practice my one minutes self-introduction.

わたしの1分間自己紹介を練習させてください

 

私自身は英語と日本語半々のワークショップのファシリテーターをする前に、自己紹介の練習を複数の講師に見てもらいました。

講師も事前にその日の内容を計画しているはずですが、その中に自分の希望を取入れてもらうことは可能です。

 

次の予約をしてからログオフする

いつでもできるオンライン。となるとサボるのも簡単です。明日やろう、あさってやろう。と思っているうちに段々足が遠のきます。

それを避ける方法は

レッスンが終わったら次回の予約を入れてしまう

それを習慣にすれば常にレッスンの予定ありの状態が続きます。

最後に

オンライン英会話をお勧めした方から「お試しレッスンだけで背中が汗びっしょりになりました」という感想をいただいたことがあります。

初めてだととても緊張するかもしれません。一対一ですものね。

でも、これだけは忘れないでください。英語を話す試験ではなく、今より話せるようになるための練習なんだということ。

そして続けていればスランプはあっても必ず上達するということ。

応援しています。

投稿者プロフィール

河野 木綿子
河野 木綿子
河野木綿子(こうのゆうこ)
仕事の英語パーソナルトレーナー。管理職の英語のお悩みを出張個人レッスンで解決します。
トレーナーはいわゆる純ジャパ育ち。新卒で(株)西友に就職したものの、外資に転職しました。その後大手外資系企業で25年間、仕事の英語を駆使してグループ会社全体のシニアマネージャーへと上り詰めました。英語だけでなく仕事を回すための異文化コミュニケーションのコツもお伝えしています。
主な勤務先;
モルガンスタンレー、バクスター、ファイザー、シーメンス

主な著書;
『仕事の英語 いますぐ話すためのアクション123』すばる舎
『読むだけでTOEIC®テストのスコアが200点上がる本』あさ出版

メディア取材・掲載:プレジデントオンライン掲載記事 外国人上司の苦悩

詳しいプロフィールはこちら