仕事のえいご:「言いにくい」と思っている気持も伝える

外国人上司とのやりとりが多い方から聞いた話です。

上司と違う意見を言わなければならないとき、咄嗟に口から言葉がでない。

理由は「お言葉ですが。。。」「言いにくいんですが」と思っているうちに話題が先に進んでしまう。

また部下に対して、相手ががっかりしそうなことを伝えなければならない。。。

こんな経験、たいていの人はありますよね?

今から言いにくいことを伝えなければならない時

日本語だったら相手にとってネガティブなことを伝えるとき、いちいち言葉に出して伝えなくてもいいや。

と言葉を濁してしまうことが多いです。そんなときのムードを気まずい雰囲気。と言ったりします。

そして以心伝心、忖度に期待する。

では英語圏の人はどうしているんでしょう?それも仕事上でのやり取りでは。

「英語はストレートだから、そういう前置きを言わずに結論から伝える。でもそれは私には抵抗感があってできない」

これが先ほどの方から聞いたお悩みです。

でもじつは、英語でやり取りするときに何でもストレートに伝えるわけではありません。人間同士のやりとりですから当然相手の気持も思いやりたいものです。

ただ、英語の場合は言いにくそうに伝えるのではなく「言いにくい」と思っていることも前置きとして言葉にして伝えるのです。

以心伝心は期待しない。

特にあなたがもし上司で自分の部下にとってネガティブな内容を伝える役回りになったとき。

例えば部下に伝えようとしている人事考課の最終評価が思っていたより良くない時。

昇進審査の結果がダメだったとき。

こんな一言を本題のまえに入れると相手は心の準備をすることができます。

① I know this must be hard for you to accept this…
あなたにとって受入れるのが辛いかもしれないけれど。。。

② I regret* to say, but,
言いにくいんだけれど。。。

*regret to; ~を後悔する

他にも思いやりにあふれた表現はたくさんあります。「英語・クッション言葉」で検索してみてください。

例文で挙げた表現は①のほうが伝える内容のインパクトが大きく、②は言いにくいと感じているときは自然と口をついて出るくらい

言いやすい便利な表現です。

投稿者プロフィール

河野 木綿子
河野 木綿子
河野木綿子(こうのゆうこ)
仕事の英語パーソナルトレーナー。管理職の英語のお悩みを出張個人レッスンで解決します。
トレーナーはいわゆる純ジャパ育ち。新卒で(株)西友に就職したものの、外資に転職しました。その後大手外資系企業で25年間、仕事の英語を駆使してグループ会社全体のシニアマネージャーへと上り詰めました。英語だけでなく仕事を回すための異文化コミュニケーションのコツもお伝えしています。
主な勤務先;
モルガンスタンレー、バクスター、ファイザー、シーメンス

主な著書;
『仕事の英語 いますぐ話すためのアクション123』すばる舎
『読むだけでTOEIC®テストのスコアが200点上がる本』あさ出版

メディア取材・掲載:プレジデントオンライン掲載記事 外国人上司の苦悩

詳しいプロフィールはこちら