河野木綿子のセミナー情報 

英語のプレゼン 聞いてもらうにはBuy-inが必須

これは英語プレゼンの初心者向けの記事です。

 

自己紹介でBuy-in を取る

自分の会社の役員会やお取引先でプレゼンをするときに、プレゼンを聞いてもらう第一歩は何でしょう?

それは「この人の話は聞くに値する」と思ってもらうことです。

Buy-inと言います。

Buy-in とは自分を買ってもらうこと。

 

元々は大量に仕入れる という意味に使われていましたが

ビジネスシーンでは 同意を得る、承認を得る、

ひいては自分の評価を高めて「買ってもらう」という意味でも使われるようになりました。

 

 

私たちが話を聞いてみたい人ってどんな人ですか?

その道の専門家

今までの実績がある人

長いあいだ、たくさんの経験をしている人

ではないでしょうか。

 

 

謙虚すぎる日本人

ところが日本人のプレゼンの多くが、自分のすごいところを紹介することなく、会社の名前や所属部門しか言わない。

社内の役員会なら 〇〇部門の 河野です。

お取引先なら   〇〇社の 河野と申します。

 

ああ、もったいない!

もし私が絶世の美女ならみんな注目はしてくれるかもしれません。

でも、話しそのものには無関心。

 

ということも起こりえます。

 

どこに出てもプレゼンテーションの初めの自己紹介で Buy-in を取ることは話を聞いてもらう絶対条件です。

Buy-in を取るの具体例は

では具体的にどんなことがBuy-in を取る材料になるでしょう。

たとえば私なら

 

私は人材開発の専門家です。

外資系の人事で社員を育てる仕事を20年してきました。

得意分野は採用と育成です。

プロジェクトでは4回にわたり、個人、グループで社長賞を受賞しました

 

わ~、やらしい!って普通の日本人の感覚なら思うはず。

私も思います。

 

でも英語の世界では言葉で伝えなければ、あなたが誰なのかわかってもらえません。

伝わらなければ私はただの中年のおばちゃんなのです。

言葉にして伝えなければ伝わらない。

 

更に、嘘はいけませんが、堂々とありのままに、なるべく良く聞こえるように表現を工夫しましょう。

 

~の専門家です = I’m an expert of ~

専門は~です = I’m specialized in ~

私の専門性は = My expertise is ~

私は〇〇の博士号を持っています = I have a Ph.D. for 〇〇

 

さらに聞いてもらえるプレゼンをするためには

プレゼンの聞き手によって、話しのテーマによって「刺さる」ところは違います。

 

普段から自分のすごいところを棚卸ししておいて

聞き手やテーマと関連のあるBuy-in を作りましょう。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。