共通語としての英語 こだわり過ぎを捨てよう

こんにちは。河野木綿子です。

今から20年前に企業で英語研修の担当をしていたころ、講師を派遣してくれる語学学校の営業担当者から、よくこんな質問を受けました。

「アメリカ人とイギリス人、カナダ人の中からどこの国の講師がいいですか?」

フィリピン人講師がオンライン英会話で活躍している今からは想像がつかないことですが、当時はこの3つの国の英語が英語学習者にとっては「正統派英語」的な存在でした。
それ以外は「訛ってる英語」というイメージがあり、まったく人気がありませんでした。

20年後の今、私のクライアントさんの中でアメリカ、イギリス、カナダの人と英語でやりとりしている方はいません。仕事の相手は大抵がシンガポール、インド、時に韓国。南アフリカやフランスの方もいます。英語はビジネスの標準語として定着しています。
そうなると当然、アクセント(お国訛り)は様々ですし、ローカルな英単語なんていうものも存在します。

“共通語としての英語 こだわり過ぎを捨てよう” の続きを読む

英語の仕事に必須の「言替え力」を飛躍的に伸ばすには『五歳児英語』

こんにちは。河野木綿子です。

英語学習を続けている方の中には 「言い替え」パラフレーズ という言葉をご存知の方が多いこと思います。一つの文章の内容を大きく変えることなく他の表現に替えて言うことです。

 

 

日本語でやり取りしていると相手の言ったことに対して「今おっしゃったのはこういうことですよね」と確認を入れると なぜか少しくどく感じる。
日本語は話を聞いていて曖昧な事があっても、質問せずに推測してやり過ごすことが多いからかもしれません。

 

なぜ英語が共通語だと「言い替え」が大切なのか

一方で英語を共通語として仕事をしていると、様々な国の人がメンバーにいる状況では「わからないことは解らないと言う」「曖昧なことは質問して全てクリアにする」を習慣にしないと行き違いが起きがちです。1人1人文化的背景が違うので当然「普通は〇〇だよね~」という常識がひとによって異なるからです。
“英語の仕事に必須の「言替え力」を飛躍的に伸ばすには『五歳児英語』” の続きを読む

年配の外国人観光客カップルに対して少し気を遣っています

日々外国人観光客を見かけます

都会のど真ん中といういこともありますが、時間帯によっては地元の住人、オフィス街の会社員が外を歩いていない平日午前中などは外国人観光客のほうが日本人より多いです。

団体で歩いている人が多いです。私の場合は海外は1人のことが多いので正直、不思議な気がしています。ひとり旅って少数派なのかな?

外国人観光客は多くの場合 4人~6人くらいのグループで歩いています。

そして次に多いのがご夫婦と思われる年配のカップルです。

行き方は旦那さん主導のことが多そう

“年配の外国人観光客カップルに対して少し気を遣っています” の続きを読む

ハリルホジッチ監督解任へのコメント依頼が来たけれど私は何をしたらいいの? How can I help you?

メディアからの取材依頼

数日前のことです。

私のホームページの「お問合せ」から一通のメッセージが入りました。

日本代表サッカー代表チームのハリルホジッチ監督の解任に関連してコメントをいただきたい

という紙媒体メディアの記者からのものでした。

以下、抜粋して載せます。

 

以下抜粋  xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

「〇〇〇」の編集記者です。実はコメントを頂戴できないかと思い、メールいたしました。

サッカー日本代表のハリルホジッチが、選手とのコミュニケーションの問題を理由に解任されました。

スポーツ界に限らず、ビジネスの分野でも外国人と接することは増えているかと存じます。

“ハリルホジッチ監督解任へのコメント依頼が来たけれど私は何をしたらいいの? How can I help you?” の続きを読む

中途半端なやり方には中途半端な結果しか付いてこない

仕事の英語パーソナルトレーナーの河野木綿子です。

なにやら過激なタイトルにギョッとされた方もいらっしゃることと思います。

今日は私の仕事の現場で日々 起きている「残念な事件とその解決法」についてご紹介します。

 

スマホで英単語の意味だけ調べて済ませる

私のクライアントさんは 最短3ヶ月、平均的には1年くらい在籍されることが多く、今はちょうど入れ替わりのシーズンです。
“中途半端なやり方には中途半端な結果しか付いてこない” の続きを読む