英語学習は自己投資です

スティーブ・ジョブズは毎朝洗面台の鏡に映る自分の顔を見ながら自問自答したそうです。

「今日やろうとしていることは、もし今日が人生の最後の一日だとしても、やる価値があることだろうか?」

 

目標達成のための資源の確保

晩年のジョブズはよく知られている通りにガンを患っていましたので、この朝の自問自答はさぞかし切羽詰まったものだったことでしょう。

私たちでも「〇年後にこうなっていたい」という「なりたい自分」を心に描いていれば、それを実現するには今は何をしたらよいかおおよその見当はつくと思います。どうしていいかわからなければ、同じようなことを達成した方の本を読んだり、誰かに相談することもできます。

その為に必要なのは資源の確保です。具体的には時間と費用です。

仕事の資源「人・モノ・金 と、近ごろでは 情報」のうち、時間は誰にでも平等に与えられていているのに、無駄にすると取り返しがつきません。一方でお金は後でも取り返しがつきます。

今まで7年間、週に2回40分のプライベートレッスンを受けてきたのに英語で仕事の話ができるようになりませんでした。という方にお会いしたことがあります。

レッスン料は7年間で700万円を超えたそうです。一番大きな収穫は「外国人に慣れて、緊張しなくなったこと」。

700万円というレッスン料にも驚きましたが、それより気になったのは7年間という時間です。忍耐強い方なのかもしれませんが、二度と取り戻せない時間をかけて目標を達成できなかったなんてもったいない。。。

 

具体的な目標管理のもとで集中する

数値化した具体的な目標管理のもと、正しい方法で練習をすれば短い人で3ヶ月。全く英語を話したことがないひとでも1年あれば、ディスカッション、プレゼンテーションまで出来るようになります。

目標を決めたなら躊躇することなく今すぐ最初の一歩を踏み出しましょう。
もし今、英語を話せるようになりたくて英語学校に通っているなら、レッスン時に習うだけでなく、毎日わずか10分でも英語の発話練習をするだけでも、学習効果は加算されます。

少しであっても毎日やる。という習慣化に成功すれば、ちりも積もって大きな山になります。

チャンスには後ろ髪がない

今、始めたほうがよいとわかっていることを先延ばしする理由っていろいろあると思います。

きっとだれかが何とかしてくれる。
年金制度も今より良くなるかもしれない。
60歳過ぎての会社の再雇用でも食べていけるはずだ。

と、他者に期待することで課題が解決したつもりになっていることはよくあることです。でも本当にアテにしてのんびり待っていてもいいでしょうか?

アテが外れて最悪の事態が起きてしまってからでは間に合わないことが多いす。

身近な例をひとつご紹介します。日頃から職場で「英語ができる人」と言われていたAさん。

ニューヨークにある、自社の提携先にだれかが派遣されるとしたら、きっとあの人だよね。と周りの人はみんなが思っていました。本人も自分が最有力候補だと自覚していました。

でも同時に自分がTOEICで高得点が取れても、英語がほとんど話せないことで漠然とした不安を抱えていました。上司も同僚もそのことは知りません。

そしてある日とうとうニューヨーク行きの辞令が会社からでました。私に連絡をくださったのがこのタイミングです。

今、ほとんど話せない方が、仕事をしながら、引き継ぎもしながら、渡米の準備をしながら、2か月後に英語が話せるようになっている。かなり非現実的な話です。せめて英吾学習には正味3ヶ月欲しいところです。

なので「自分は英語ができる人」ということになっているという自覚がある方は、早めに練習を始めておくことをお勧めします。

自己投資は何倍にもなって返ってくる

時間のことを書きましたが、次にお金の話です。

管理職が仕事を英語でするうえで、必須の英単語を300語弱リストにして短期集中コースで使い始めて4年になります。

この中に出費に関する単語がいくつもあります。例を挙げると以下のような単語です。

支出  expense    出ていくお金
コスト cost      利益を得るためにかかる必要経費
投資     investment  利益を増やすために期待して払うお金

どれもお金を支払うことになりますが、この3つの単語の意味の違いが自分のなかではっきりしているかどうか。

意識してやっておきたいのが3番目の投資です。それも自分自身に対しての自己投資。

大きな自己投資をすればその直後は預金通帳の額面は減ります。でも目標が達成できれば後で何倍にもなって回収できる可能性が高いです。

私の友人でビジネスで大成功している人がいます。10数年前に同じ会社で机を並べて仕事をしていました。

そのころから彼女は毎年の収入の5%を自己投資と思って新しいことの学修に使う。と宣言して実行していました。

さすがです。その後、独立して得意領域を広げ、いまでは売れっ子コンサルタントとして八面六臂の活躍をしています。

金額だけに目がいってしまうと尻込みしてしまいがちですが、目標が達成できた時の自分を考えれば、お金を使うことに対してワクワクしますよね。

私の実例ですが38歳でロンドン大学の大学院に留学をしました。帰国後の年収は約300万円上がりましたが、その後さらに500万円増やしていただきました。

会社を辞めて自費で留学したときにかかった費用は充分元が取れたことになりまます。

年収が増えたのももちろんよかったですが、それ以上に自分の専門分野の知見が広がり、人生の選択肢が増えたことが一番大きい収穫です。

今、それを全部つなげて、英語で仕事をしたい人のお手伝いができていることも自己投資のリターンの一つです。

 

xxxxxxxxxxxxxxxxxx

<お知らせ>年内に英語対策を仕上げたい方へ

あなたの英語は劇的に変わります。一度で伝わる管理職の英語へ!

近ごろこんな転職エージェントの広告を見ました。

「40代の年収1000万円から2000万円の案件が増えています」

もしあなたが「来年こそはキャリアアップを目指している自分のことだ」と感じているならぜひお問合せ下さい。

管理職の英語 集中コースは3ヶ月に10日の猶予期間付き。今から問い合わせてカウンセリングを受け、始めれば年内に間に合います。

英語面接対策、職務経歴書の書き方などひとりひとりのクライアントさんに特化したレッスンプランをお作りしたうえで二人三脚で目標達成を目指します。

お問合せはこちら

投稿者プロフィール

河野 木綿子
河野 木綿子
河野木綿子(こうのゆうこ)
仕事の英語パーソナルトレーナー。管理職の英語のお悩みを出張個人レッスンで解決します。
トレーナーはいわゆる純ジャパ育ち。新卒で(株)西友に就職したものの、外資に転職しました。その後大手外資系企業で25年間、仕事の英語を駆使してグループ会社全体のシニアマネージャーへと上り詰めました。英語だけでなく仕事を回すための異文化コミュニケーションのコツもお伝えしています。
主な勤務先;
モルガンスタンレー、バクスター、ファイザー、シーメンス

主な著書;
『仕事の英語 いますぐ話すためのアクション123』すばる舎
『読むだけでTOEIC®テストのスコアが200点上がる本』あさ出版

メディア取材・掲載:プレジデントオンライン掲載記事 外国人上司の苦悩

詳しいプロフィールはこちら