河野木綿子のセミナー情報 

英語の職場で失敗したら謝罪や言い訳より感謝の言葉を

これは仕事で失敗した時に英語でどう謝ったらいいか迷ったことがある人のための記事です。

私は26歳以降、仕事の英語パーソナルトレーナーを始めるまで、ほとんどの時間を英語の職場で過ごしました。

初めはびっくりしたけれど慣れたら自分にとっても当たり前になったのが、簡単に謝らない ということです。

本当に英語の人は謝らないのか?

私は26歳以降、仕事の英語パーソナルトレーナーを開業するまでのあいだ、ほとんどの時間を英語の職場で過ごしました。

初めはびっくりしたけれど慣れたら自分にとっても当たり前になったのが「簡単に謝らない」ということです。

以前、「謝らないアメリカ人」と言う意味の本のタイトルを見かけたことがあります。

読むリストには入っているのですが未達成です。

やっぱり私以外にもそう感じる人がいて、本まで書いていらっしゃsるのだな。と印象に残っています。

私の感じたことですが、謝らないのは「間違いを認めないと」いうことではなく

起きてしまった失敗について延々とお詫びや言い訳に時間を使うより、これからどう回復しようか

という頭の切替えを大切にしているように感じます。

 

謝らないならどうするのか

謝らないなら平然と黙っているのか?というとそうではありません。

失敗したことについて、それを回復するのを手伝ってくれた人、協力してくれる人に対して具体的にお礼を言うのです。

実際に起きたことをご紹介しますと、あるときプロジェクトの中心メンバーが会議に遅れてきました。

事前にAgenda(その日に話しあう項目)が出ていたので、時間に集まったメンバーだけで話し始めていました。

遅れて来たご本人、

 

Thank you for going ahead in my absence!

「私がいない間に、先に進めておいてくれてありがとう!」

 

とひとこと言っただけで席に座るとそこから会議を進めました。

 

さらにこれは英文メールの例文で見つけた「なるほど!」と思った表現です。

Thank you for pointing out our mistake.

私どもの間違いをご指摘いただきありがとうございます。

「間違えて申し訳ございませんでした」よりも感じがいいですよね。

 

でも正直なところを告白しますと

日本生まれ日本育ちの私は「何かを忘れている」という欠落感を感じるんですよ。

Thank you の前に、一言「すみませんねえ」を入れたくなります。

ただ、やっぱり仕事を効率的に進めるには、小さな過ちのときは失敗にとらわれず

すぐに気持ちを切り替えるっていいですよ。

習慣になれば私生活でも「引きずらない性格」になります。

会議で役に立たない意見を言ってしまったとき

 

いまでこそ、私はなんでもストレートに言う人って思われることが多いようですが、若いころは会議では指名されるまで自分の意見を言うことはありませんでした。

それは自分が言ったことが否定されたり、上げ足をとられるのが怖かったからです。

でも外資系企業で働くようになると、何も発言せず座っているだけのほうが、的外れな意見をいうより圧倒的に罪悪感を感じるようになりました。

 

何かを決めるために会議に呼ばれているわけですよ。成果を出すことに貢献しようという気持があれば黙ってなんかいられないです。

更に英語人の会議で的外れや役に立たない意見を出しても誰もこちらを責めません。

若いころいた日系企業では まずい発言に対しては上司や先輩社員から

「だからお前はダメなんだ」

「ちゃんと人の話聞いてる?」

といった叱責が飛んできました。

 

では英語人の会議だとどうなのか?

うん、面白いと思う。じゃ、つぎ行こうか。

    Ah, that’s interesting. Next.

全ての上司がこんなタイプとは限りませんが、欠点を指摘することに時間を掛けない。

同僚たちも、そのまずい発言に触れることなく議論を進めます。いわゆるスルーです。

だからせっかく発言したのに反応がなかったら、あ、場違いだったな。と一瞬思うだけのことで

謝ったり、反省する必要はありません。

それよりもすぐに頭を切り替えて、次のことに頭とエネルギーを費やしましょう。

 

そして2年くらい前のこと。

日本企業の社長さんでこの英語型の司会進行をしている方と同席して感激しました。

「あ。面白いですね。はい、では次」

聞いた瞬間びっくりして、次にひっそりウケました。英語人みたい。

あとで他の人に聞いたらその社長さんはいつもそんな感じ。

普段から外国人とも接し慣れているということでした。

 

発言者をいじらない、常に先に進むことを目指す。

って日本語の会議でも取り入れたいですね。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

<大切なお知らせ>「英語トレーナー開業セミナー」

英語を使いこなしてビジネスパフォーマンスを上げてきたみなさんへ。

副業から英語パーソナルトレーナーをしてみませんか?

ビジネス英語の教え方と集客のツボが分かる「英語トレーナー開業セミナー」

お申し込み、詳細はこちらからはこちら

日時:

11月2日(土)10時から12時

11月2日(土)14時から16時

11月5日(火)19時から21時

料金:

3,300円(税込) 早割 10月27日まで

5,500円(税込) 通常 10月21日以降

会場:

ビジョンセンター東京八重洲南口 7階704号室