社会人留学 ロンドンの学生寮で日本食を楽しむ

仕事の英語パーソナルトレーナーの 河野 木綿子(こうのゆうこ)です。

この1年で私の周りでは Back to School をされる方が3人いらっしゃいます。おめでとうございます!

一度社会人を経験してから学校に戻る。多くは仕事の質を上げるために専門性を高めるため。または仕事をする中で感じてきた課題を解決するため。

30代の方が中心です。

みなさん、仕事を続けながら国内の大学院にこの4月から通います。

 

私もBack to School組でした

38歳の時に、ロンドン大学のゴールドスミスカレッジの大学院に留学しました。当時はまだ珍しくて

「普通、行かないでしょ?」と言われたものです。

人事の仕事をしていましたので、ひと様の人生を左右する仕事を専門知識のないまま続けることに疑問を感じたのです。

外資系企業であっても、日本にある会社の場合、前任者からの引継ぎだけで仕事をしている人が多いようです。

個人的には、自分の専門分野をもって世の中のお役に立てている感を感じながら仕事をするのが好みです。

 

社会人のBack to Schoolの利点

大学4年を卒業して、そのまま大学院にいくより「自分はこれを極めたい、調べて論文にしたい」

というテーマを持っていると、モチベーションが萎えることなく英語のハンデもあまり気になりません。

なぜならその課題は与えられたものではなく、自分で気づいたものだからです。

私が留学した時もクラスメート16人のうち、Under graduateから直接上がってきた学生は2人だけで、

他はすべて社会人経験者、またはPOLICEの研修担当者、会社経営者でした。

だから休み時間におしゃべりをすると、UKの職業人のつぶやきを聞けて生生しくて面白かった。

 

学生寮で毎日の食事をどうするか?

前置きが長くなりましたが、イギリスと言えば当時はまだ「食事がまずい」と言われていた時代です。

Take away といってチキンウィングやフライドポテト(Chips)などの揚げ物やサンドイッチを毎日というのは

食事のバラエティーに恵まれている日本人からすると少々きつい。

 

なんちゃって日本食

そこで「なんちゃって日本食」を作ることにしました。

その一つ目は白菜漬け。

白菜、セインズベリーズで買えるんですよ。ただし White Leavesではなくて Chinese Leaves.といいます。

日本の白菜の半分くらいの大きさです。

このはっぱをばらして少し乾燥させ、大きめのボールに入れてパラパラと塩を振る。

切り昆布(日本から持参)とニンニク少々、唐辛子を適当に間に挟んだらボールに合った大きさのお皿を置いて

水をたくさん入れたヤカンを重しにしておけば2、3日でたべられるようになります。

フラットメイトから Yuko、いったい何やってるの?と聞かれて白菜漬けについて説明したものです。

実は私はEnglish Breakfast が結構好きです。

初めてロンドンにいったとき(今から20年前)ホテルの朝食がビュッフェでした。

えっ?過熱したトマト?とびっくりし、

このブリブリしたものは何? マッシュルームのソテー!

でも今ではEnglish Breakfast はロンドンでの楽しみの一つ。この写真はずいぶんきれいに盛り付けてあります。

実際にはこれに薄いパンのトーストを対角線に切って三角形にしたものが添えられます。

それからポットになみなみ入った紅茶。お代わりできます。

 

 

でもね、English Breakfast はおいしいけれども毎日食べたいとは思えない。日本人のDNAでしょうか?

そこで私の朝ごはんは魚好きということもあって、スーパーマーケットで偶然見つけた 鯵の燻製 を冷蔵庫にストックしてありました。

日本での干物と同様、グリルで焼くだけの手軽さです。

Smoked Horse Mackerel

ご飯はミルクパン(小型の鍋)でカリフォルニア米の「錦」を炊いてこの鯵の燻製がメイン、これに白菜漬けと日本から持ち込んだ梅干しを添える。

日本の朝ごはん出来上がりです。

朝ごはんを食べているとカリビアンのお掃除の人がキッチンに入ってくるのですが、ほかの文化圏には興味がないらしく

フラットメイトのアドリアーナが「ねえねえ、このJapanese ladyが食べてるもの、見て!」と言っても

無反応でしたね。

 

日本のお母さんのDish企画

これ以外には2、3か月に一度、Japanese Mother’s Day というカレーライスのイベントを開きました。

同じ学生寮に住んでいる人なら、お皿に炊いたご飯をもってくれば私が作った日本式カレーライス食べ放題という

企画です。

他に高菜チャーハンの日もありましたがイタリア人のアレッサンドロは偉く気に入ってお代わりしてました。

ナポリ出身の彼ですが、塩気のある発酵食品はイタリア人も受け入れやすかったのでしょう。

チーズやサラミは塩気が強いですものね。

 

いずれも異国の地で工夫して日本食を作った楽しい思い出です。

 

 

 

 

 

 

投稿者プロフィール

河野 木綿子
河野 木綿子
河野木綿子(こうのゆうこ)
仕事の英語パーソナルトレーナー。管理職の英語のお悩みをオーダーメイドのレッスンで解決します。
トレーナーはいわゆる純ジャパ育ち。新卒で(株)西友に就職後3年で、外資に転職しました。その後大手外資系企業で25年間、仕事の英語を駆使してグループ会社全体のシニアマネージャーへと上り詰めました。英語だけでなく仕事を回すための異文化コミュニケーションのコツもお伝えしています。
主な勤務先;
モルガンスタンレー、バクスター、ファイザー、シーメンス

主な著書;
『仕事の英語 いますぐ話すためのアクション123』すばる舎
『読むだけでTOEIC®テストのスコアが200点上がる本』あさ出版

メディア取材・掲載:プレジデントオンライン掲載記事 外国人上司の苦悩

詳しいプロフィールはこちら