国際会議で発言することで日本人のプレゼンスを上げる

この記事は、せっかく英語テスト(TOEIC®やGMAT)の点数を上げたのに、仕事の成果につながっていない方のヒントになればと思ってまとめました。

 

会議で発言しない日本人同僚たち

以前は私だけの思い込みの可能性があると思っていました。なぜなら私が知っているのは過去に在籍した数社の同僚たちだけだからです。

 

でも、ほとんどの日本人は本当に国際会議で発言をしないという話を海外での仕事経験が多い人からも具体的に聞きました。

「何とかなって欲しい」と思って書きます。

 

国際会議で発言しないことのデメリット

英語が堪能でなくても主張したいこと、主張しなければいけないことがあるのならどんどんこちらから発言しましょう。

 

発言しないと何が起きるか?

 

何も起きません。

起きないどころか、逆に周りから「居ないもの」として扱われます。

 

黙っているからといって「あなたはどう思いますか?」と司会者が聞いてくれることもないですし。

 

他の多くの国の人たちからすれば、自分から発言するのがあたりまえだから。

 

自社の国際会議だと複数人数で出席することが多く、内輪で日本語でコソコソやり取りをすることがあっても、単独で堂々と発言をする同僚を見たことがありません。

 

みなさん、本当は英語ができるのです。普段から英語で仕事をしているんです。

それだけにとてももったいない。

 

更に発言しないことがもっと悪い結果を生むことがあります。

会議の成果を出すことに対して消極的、非協力的と思われ「

役立たず」というレッテルを張られ、

それ以降会議に呼ばれなくなることもあります(実際、聞いた話です)

 

“〇〇-san は飛行機代、ホテル代を会社が払って、

日本での仕事も抜けてやってきたのに、座っているだけ。

懇親会でも他のメンバーとのおしゃべりに加わらず、隅っこで飲み食いしていた

次回は他の人をよこしてほしい”

 

 

帰国後、出張先の責任者から〇〇-san の上司に報告が入ったそうです。

これは多国籍企業で仕事をしていたマネーやーから直接聞いた話です。

 

日本のプレゼンスの低さ

更に悲しいことに、世界各国の中での存在感(プレゼンス)もありません。

 

これが先々で予算の割り当てで軽く扱われたり、必要な人員を補充してもらえなかったり。

本来なら頼めば配慮してもらえるのに、自分から説明に行って説得しない。

その結果、冷遇されても「しょーがないこと」として我慢する。

 

 

日本人は発言しない。ということに関して、今度は私自身の経験です。

 

今から約20年前、私がロンドン大学の大学院の入学審査を受けました。

 

現地に行けないので、電話での面接でした。

最後に面接官の Phillip から

「あなた本当に日本人ですか?」

と聞かれました。不思議に思って

「どうしてそんなことを聞くんですか?」

と質問したら

「僕が知っている日本人はみんな自分から英語をしゃべらないから」

とのこと。

 

 

さらに他の人から聞いた話をもう一つ。

最近出会った日系アメリカ人の若者が、ある世界規模の国際会議に出席したときのこと。

彼に対する事務局の扱いが失礼だったと経験を話してくれました。

予約してくれたフライトが会議のオープニングに間に合わない便だったこと。

ホテルの部屋の予約が知らない日本人の名前になっていたこと。

渡されたプログラムが最終版でなかったこと。

 

 

何年も前のことなのに、とても悔しそうに話してくれました、

どうやらその理由は彼の歴代の前任者の人たちが、会議には参加するものの発言を全くしないで座っているだけだったからだ。と噂で聞いたそうです。

その会議では日本人イコール無能とみなされ隅っこに追いやられていました。

 

英語は実際に使うことを奨励する

昨今、多くの企業がレベルチェックの基準点を設けて社員の英語学習を奨励しています。

でもほとんどの場合、学習するというインプットばかり奨励していて、楽天やファーストリテーリングのように

公用語として話してアウトプットさせる

結果を問われる

ということがありません。

 

せいぜい管理職登用の候補者になる資格くらいの企業が多いようです。

沢山の時間とお金を注ぎ込んで学んだ英語。

本来はコミュニケーションの手段であるはずです。

 

 

企業は今の学習中心から、さらに一歩進んで英語で発言することも奨励されてはいかがでしょうか。

 

日常業務は日本語で。会議だけは英語でするとか。

そうなると、発言することがある人は、事前に話す練習をするはずです。

 

まとめ

国際会議で発言する日本人はあまりいない。

せっかく遠くまで出かけて行って、会議でなにも発言しないのはもったいない。

それだけにとどまらず日本の存在感を低いものにしている。

その結果、予算や人員が獲得できずに働く条件が悪化する。

特に他アジアの国々の人たちは、英語が堪能でなくても率先して話す人がいます。そのなかで日本は見落とされがち。

企業は英語の学習だけでなく、例えば会議を英語化するなど、アウトプットする機会を増やせる。

 

 

投稿者プロフィール

河野 木綿子
河野 木綿子
河野木綿子(こうのゆうこ)
仕事の英語パーソナルトレーナー。管理職の英語のお悩みを出張個人レッスンで解決します。
トレーナーはいわゆる純ジャパ育ち。新卒で(株)西友に就職したものの、外資に転職しました。その後大手外資系企業で25年間、仕事の英語を駆使してグループ会社全体のシニアマネージャーへと上り詰めました。英語だけでなく仕事を回すための異文化コミュニケーションのコツもお伝えしています。
主な勤務先;
モルガンスタンレー、バクスター、ファイザー、シーメンス

主な著書;
『仕事の英語 いますぐ話すためのアクション123』すばる舎
『読むだけでTOEIC®テストのスコアが200点上がる本』あさ出版

メディア取材・掲載:プレジデントオンライン掲載記事 外国人上司の苦悩

詳しいプロフィールはこちら