医療用医薬品業界が得意です  新着情報あり! 河野木綿子のセミナー情報 

英語はGoogle翻訳に頼っていると決して上達しない

この記事はGoogle翻訳を日ごろ使っていてもビジネス英語ができるようにならないと悩んでいる方のためのものです。

突然作文が洗練されたクライアントさんの秘密

クライアントさんに毎日していただいていることの一つに「仕事でよく使う英単語を自分のリアルな設定で作文する」というものがあります。

理系のお仕事で普段からレベルの高い専門用語を使うのですが
さらに一度で伝えたいこともたくさん。
いきおい文章が長くなります。

毎日、
「ここは途中で一回切って終わらせて、もう一文に分けましょう」
「一番いいたいことを初めに言い切ってしいまいましょうね」

という添削を続けてきました。

そしてそろそろ一か月。
やってきたのです。Break through が。

文章が短く、シンプルになりました。
英語らしく、結論が先にくるようになりました。

私も我がことのように嬉しく思わず
「すっごいですね。スッキリ伝わりやすくなって。
 この調子で発話する練習もしましょう」

とフィードバックを書いたところこんなお返事をいただきました。

「自分で一度は作文しますが、その後Google 翻訳に掛けて
 まちがってないか確認して仕上げます」

あらららら。
クライアントさんの進歩を心から喜んだだけにガッカリ度合いもひとしお。

でもすぐに「Google翻訳はそんなに優秀なのか?」と確かめてみたくなりました。

ホントに優秀、Google翻訳!

早速Google翻訳を開いて文章を入れてみました。

それもワザと「説明」。そのあと「結論」日本語というの順番で。

『先週、必要な書類を提出したのでほっとしました』

と日本語を入れたら
I was relieved that I submitted the necessary documents last week.

ほぼ完ぺき。
結論の『ほっとしました』から始まる英語らしい語順。

ちょっとだけ欲を言うと個人的には
I was relieved. I submitted the necessary documents last week.

と2文に区切ったほうが自然な感じがします。

英語学習には使わないで!

ほんとにびっくりしました。
30年近く前のことになりますが自動翻訳機ができたというので
展示会を見に行ったことがあります。

当時、私は医療機器メーカーの研究開発部門でバイリンガルセクレタリーをしていました。

研究所の社員のみなさんが使えたら便利だなという期待を胸に

ホテルニューオータニの展示会場に行ったのですが。。。

実際にどれくらい使えるのか試そうとしたら展示場の係員の方に止められました。

理由はわかりませんが「お客様、実演はお控えください」とだけ告げられて。

もしかしたら実際使ったらまずいのかな?と思ったものですからそれ以来
自動翻訳機と聞くとな~んとなく疑いの目で見てきました。

実際Google翻訳もつい数年前に日本語→ 英語 の翻訳を試したときはあまり褒められた訳文ではありませんでした。

直訳しても日本語、英語でことなる文章の構成まで直せないでしょう。
原文の日本語が説明から始まっていたら
でてくる英語も説明から始まってしまっておよそ英語らしくないでしょう?

と思っていたんですよ。
でも今回、それが解決されていた。

単文だったからかもしれませんが使えそうです。

ただし。
これ、英語学習には使わないほうがいいですよ(きっぱり!

だって解説なしでいきなり完璧に近い英語が出てきてしまうから。
なんでそうなるのか解説までしてくれないから。

いきなり英語はお手軽英語。学びにはなりません。


河野木綿子のホームページはこちら

 
お知らせ
 人気Podcast「外資系裏技英語」にゲスト出演しました! 河野木綿子のナマ英語もたくさん聞けます。 Episode #27: 外資系裏技インタビュー「採用インタビューにうかるコツ」 イギリス人サラリーマンでお笑い芸人、俳優でもあるBJ Foxさん、東大卒・マッキンゼー出身のお笑い芸人、石井てる美さんの楽しくて役に立つPodcast。おススメです。ちなみにFoxさんは昨年のNHKドラマで木村佳乃さんのイギリス人旦那さん役を演じていた人。