副業で英語パーソナルトレーナーを開業セミナーはこちらをクリック

英語:病院に行ったら「ボーっと生きてんじゃねーよ!」

 

「ボーッと生きてんじゃねーよ!」

この一言、放送開始から1年たったNHKの人気番組チコちゃんの決め台詞です。聞いたことがある人、多いですよね?

それまでくりくりお目目を上目遣いにしていたかわいいチコちゃんの顔が、この一言を言ったとたんに恐ろしいアニメ顔に豹変します。

 

チコちゃんに叱られる

「チコちゃんに叱られる」はNHKのテレビ番組です。

話題になっていますし、チコちゃんは紅白のステージ上に乱入したので、ご存知の方も多いことでしょう。

ちっちゃい女の子に叱られるなんて気に食わないという人もいるらしいですが、私はけっこう好きです。

回答にしっかりした裏付けがないこともあるので、信ぴょう性のほどはわかりません。でも出題の目の付け所が面白い。と感じることが多いです。

長い病院の待ち時間

ところでこの冬はインフルエンザや風邪ひきの人が例年より多いようで、大きな病院に行くと具合の悪い人であふれています。

なんでそんなことを知っているかといえば、この2か月ほど前から週に1度くらいのペースで皮膚科にかかっているからなのです。

通院の理由は乾燥肌などなど。あまり命にかかわるようなことではありませんのでご心配には及びません。

大きな総合病院なので、いろいろな診療科があります。

都内だから外国人も多く、各科の入り口には大きな文字で日本語表記と英語表記が並んでいます。

こんなとき 病院で待っている間に ボーっと生きてるのはもったいない! と気が付きました。

診療科の英語名、知っとくいいチャンスですよ! 時間はたっぷりあるし、スマホが手元にあればツイッターやFacebook覗いているより

オンライン辞書で診療科の英語名をチェック。

眼科はEye Doctor? って言うよりも Ophsalmology って知っているほうがカッコいいじゃないですか。

でも実はカッコいいだけじゃなく知っておいたほうが後で役に立ちます。

 

大人のインテリジェンス

どういうときかというと、具合が悪くて職場を抜けて通院っていう事態になったときに上司や同僚に「〇〇科に行ってくるね」と言えるほうが信頼感がある。仮病には聞こえない。

このときもちろんEye Doctor でも通じなくはないですが「お目目のお医者さん」っていう語感で子供っぽい。

日ごろ仕事で発揮しているインテリジェンスと釣り合いませんよ~。

 

 

白内障の話を上司にしたら

私自身も今から10年くらい前のことですが、若くして(!)白内障になり仕事を休んで手術を受けたことがあります。

そのとき上司はオーストラリア人だったので

“Cataract operation を Ophsalmologistで受ける”

と説明したところ、一発で誤解しようもなく通じたせいか、とても親身になって心配してくれました。(もともと誠実な方ですけれどね)

 

 

診療科の英語 正式名称

病院に行ったとき、ボーっとしてないで診療科名を集めた私の成果をまとめてみました。

もしご自分で通院する機会があって英語で説明するときに使ってみてください。

 

使い方:

紙の辞書でもオンライン辞書でもいいのですが、必ずアクセントの位置を確認のうえ口に出してみてくださいね。

口に出したことのない単語は、話そうとしたときに発話するのはほぼ不可能。難しいです。

診療科名 日本語 と 英語

内科全般: internal medicine

皮膚科: dermatology

口腔外科: dental surgery

心臓血管内科: cardiovascular medicine

腎臓内科:  nephrology

産婦人科:  gynecology

投稿者プロフィール

河野 木綿子
河野 木綿子
河野木綿子(こうのゆうこ)
仕事の英語パーソナルトレーナー。管理職の英語のお悩みをオーダーメイドのレッスンで解決します。
トレーナーはいわゆる純ジャパ育ち。新卒で(株)西友に就職後3年で、外資に転職しました。その後大手外資系企業で25年間、仕事の英語を駆使してグループ会社全体のシニアマネージャーへと上り詰めました。英語だけでなく仕事を回すための異文化コミュニケーションのコツもお伝えしています。
主な勤務先;
モルガンスタンレー、バクスター、ファイザー、シーメンス

主な著書;
『仕事の英語 いますぐ話すためのアクション123』すばる舎
『読むだけでTOEIC®テストのスコアが200点上がる本』あさ出版

メディア取材・掲載:プレジデントオンライン掲載記事 外国人上司の苦悩

詳しいプロフィールはこちら