河野木綿子のセミナー情報 

外国人上司へのお礼の言い方

管理職を対象に異文化間のコミュニケーションについてのワークショップを担当したことがあります。

外国の方も参加されていたので大多数をしめる日本人と外国人が、直接

日頃、職場で感じていることをフランクに情報交換することができました。

そのときの気付きを一つをご紹介します。

上司にはお願いしていい

 

日本人が他の人とやり取りするときの判断基準の一つに

「失礼にならないか」

を気にして「失礼にあたる行為」を避ける傾向があります。

 

「失礼になること」は普通、しません。やるとしたら意地悪をするとき(笑

外国人上司と仕事をしていている人にとっての「あるある」の一つが

こんなやりとりです。

Are there anything I can do for you?
あなたのために、なにか出来ることある?

これに対して上司が上の方の役職、例えば事業部長や役員など多忙だと
わかっていると

No, we are OK. I don’t want to bother you.
いえいえ、大丈夫です。お手を煩わせるなんてとんでもない。

と、かたくなに(←ここがポイント)両掌を顔の前で振りながら

お断りするのが定番ですよね?

私たち日本人の感覚だと、自分より偉い人に自分の仕事を手伝わせるなんて

とんでもなく失礼なのです。(部下には丸投げすることがありますけれど)

 

ところが

上司からの援助を断っておいて、でも上司から見ると仕事が進んでいない。

そうなると上司のイライラは募ります。

自分たちで出来ると言っておいて、進んでいない。。。

 

上司はどんどん使っていいがお礼の言い方に注意

 

実は上司は部下から

I need your help. 助けて下さい

と言われるのを待っています。なぜなら

「部下の考えを引き出して課題に取り組ませ、それを援助することで

業績を上げる」

のが海外から他国に派遣されてくるエクスパット(長期赴任者)の使命だから。

 

そして助けてもらった部下の側ではお礼をいうときにはこんなふうにお礼を伝えましょう。

Thank you for your help.  助けていただいてありがとうございます。

 

Help には能力が上の人が、それより劣る人を助けるニュアンスがあります。

だから「自分より上司の方が上だと承知していること」を感謝の一端として

言葉で示すのです。

 

普段、海外の同僚に使っている

Thank you for your support

では失礼にあたります。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

<大切なお知らせ>「英語トレーナー開業セミナー」

英語を使いこなしてビジネスパフォーマンスを上げてきたみなさんへ。

副業から英語パーソナルトレーナーをしてみませんか?

ビジネス英語の教え方と集客のツボが分かる「英語トレーナー開業セミナー」

お申し込み、詳細はこちらからはこちら

日時:

11月2日(土)10時から12時

11月2日(土)14時から16時

11月5日(火)19時から21時

料金:

3,300円(税込) 早割 10月27日まで

5,500円(税込) 通常 10月21日以降

会場:

ビジョンセンター東京八重洲南口 7階704号室


関連記事: 外国人上司は使ってもいい?